メモメモリー

寛解のつもりな双極性障害Ⅱ型の日常。計るだけダイエット、1日1つ捨てる片付け実施中。

寛解のはずの双極性障害者の日記

ブログ始めました。

 
まず私の説明を。
うつと診断されて2年、ちっともよくならずその後は双極性障害Ⅱ型に診断が変わりました。
 
その後も一生懸命一人暮らししながら働いてきました。最初はつらくてもそのうち病気の付き合い方がわかってきて慣れていきました。
でも、結局限界がきてまたうつ状態になり仕事を辞め実家に戻ってきました。
 
職場は最大限の配慮をしてもらったと思います。
一緒に働いていた人たちへの不満はほぼありません。
自分で病気のことはわかっていたつもりだし、ある程度の対処ができるつもりでした。
 
でも無理でした。
 
職場には最後は「来るだけでいいから!椅子に座ってるだけでいいから」とも言われました。
復帰直後はそれでよくても数カ月も経つも自分がそう思ってられません。
プライドが高すぎたんでしょうか。
でも仕事をせずに基本給丸々もらうということは私はできませんでした。
 
最初のうつは人間関係や仕事が原因でしたが、
辞めるきっかけになったうつ状態になった理由は睡眠時間が不規則になったこと、職場での私の存在意義が自分でわからなくなったことだと考えています。
 
睡眠時間が不規則になった理由は財布を落としたことです。
カード会社や銀行に電話して色々止めていると深夜2時で、興奮と緊張のためか睡眠導入剤も効かず寝たのは朝になってでした。
この時のストレスが一番ダメージだったと思います。
 
 
存在意義は新規案件で皆忙しく、私がまったく力になれない。そして任された仕事を片づけるとできることがない。
暇な時間がある。力になろうと何かすると怒られたり嫌味を言われたり。
良かれと思ってしたことがほとんど悪い方向にいってしまっていました。
 
仕事ができてないと言われたらそれまで。
余計なことをしたことが多かったと思うので周りが見えてなかったんだと思います。
 
今は実家にいることもあり症状は落ち着いています。
無職で収入なしですが自分の欲しいものくらい自分で買えるくらいの収入は欲しいです。
 
闘病日記というよりは
  • 今どうやってこの落ち着いた状態を保っていけるか
  • これまで一人暮らしのときに大変だったこと(特に料理!)をどう乗り越えていけたか
  • 増えてしまった体重がどうなっていくか
  • 日常のあれこれ
を書いていきたいと思っています。
自分の備忘録でもあります。
 
ダイエットしたいけど実家のご飯が美味しくて増えちゃったので減らすのは難しい…