メモメモリー

寛解のつもりな双極性障害Ⅱ型の日常。計るだけダイエット、1日1つ捨てる片付け実施中。

病院の待ち時間が辛い

今、心療内科の他に皮膚科、眼科にかかつています。

心療内科は予約制で、時間通り行けばほとんど待たずに診察してもらえます。
自分がどれだけ話すかにもよりますが薬局の時間入れても毎回一時間以内。

皮膚科、眼科は予約制ではないのでとにかく待ちます。

皮膚科は受付開始から15分後くらいに行くと一時間以上待ちます…。
受付時間に行くのはなかなか難しい。朝弱いので。
一時間半くらい待って診察は30秒ないくらい。
非常に評判がよく、産まれて数日では?という赤ちゃんからご老人までいらっしゃいます。
どの層が多いかで雰囲気が変わったりもします。


今まさに眼科の待合室で書いているんですが今二時間待ってます。
今日は皮膚科、役所、眼科のハシゴです。

患者も辛いけどお医者さんや看護師さんはこれが日常だと思うとなんかもうかわいそうと思ってしまいます。
お昼ご飯食べるどころかトイレにも行けないのでは…。

すでに午前中の受付が締め切られて30分。
でも待合室には患者があふれています。
30人はいるかな?
いったいあとどれくらい待つんだろう。

待ち時間、自分の調子が良ければ本や新聞、雑誌を読んだりしますがそうでなければ待つのは苦痛です。
特に病院には独特な空気が流れていてその雰囲気にのまれそうになります。
緊張感で寝ることもできず…。
私は基本的に子どもは好きですが自分の体調が悪い時だと泣き声聞くと暴れ出したくなることもあります。

子どもの声を聞いてどう感じるか、私の体調管理の一つのバロメーターです。

広告を非表示にする