メモメモリー

寛解のつもりな双極性障害Ⅱ型の日常。計るだけダイエット、1日1つ捨てる片付け実施中。

無事に退院しました

アキレス腱を切ってから約5週間かかりました。

手術からは4週間です。
アキレス腱断裂ってよく聞くし、学生時代に周りでやらかした人もそこそこいるのでこんなに時間がかかるとは思いませんでした。

 

まだ装具ははずせません。
飛んだり跳ねたりできるのはあと半年くらいかかる…?
 
ハローワークに行かないと行けないし、心療内科へも通院しなければなりません。
就労以降支援施設も役所の手続きしたとたん行けなくなってしまいました。
それに加えてリハビリもあります。
これからどうなるんでしょう…
 
やること目白押しなのに満足に歩くことができないのでストレスが溜まります。
 
入院初期にネットでアキレス腱断裂について色々調べると入院期間は1〜4週間と幅があったり、
手術したほうが治りが早いというのは古い!とか
情報が色々ありすぎて不安になってしまいました。
以降、お医者さんや看護師さん、リハビリの先生との話を中心に、ネット検索はほぼやめました。
 
目の前の人の言うことを信じようとしたわけです。
というか毎日が結構必死だったのでよほどのことがない限り検索する、という気力体力奪われました。
結構寝転がってスマホ画面長時間見るというのは疲れます。
 
今は装具をつけて家の中で生活しています。
少なくとも年内は装具をつけて生活となるそうです。
装具が外れた時が一番再断裂しやすいとのことです。
今もお風呂では装具外して片足でなんとか移動してるわけで間違えて足ついて体重かけると再断裂の危険があるわけです。
気が抜けない…
 
双極性障害のことを書くつもりで始めたブログなのにしばらくはアキレス腱断裂メインになりそう
 
広告を非表示にする