メモメモリー

寛解のつもりな双極性障害Ⅱ型の日常。計るだけダイエット、1日1つ捨てる片付け実施中。

自炊試行錯誤。たどり着いた先

前回

料理できるときだけちょっと作るようになる

大量に作ることが徐々に減りました。

作るのは主に生姜焼き、牛丼、具だくさんみそ汁。

このころ前回書いた私が料理を嫌いな理由がわかってきた。

 

自分にとって一番の鬼門は野菜を洗って、皮むく所だと思う。それに付随する片付けが最後までネックになる。泥や野菜くず。

特にじゃがいも。泥がつくから、洗って皮むいて、が終わった時点で手もジャガイモもシンクも泥がついているんですよね。それを洗うのがいやだった。

カット野菜に手をだすがおいしいと思えずすぐ撤退。

 

運命の出会い

生で冷凍、調理の時はジップロックから出して放り込むだけ

野菜まとめて洗って切れたら楽なんだけど保存がなぁ、と思っている時、

BOOK OFFでこの本に出会いました

材料を火を通す直前の状態で冷凍する!これだけ!!

生ジャガイモは冷凍できる派とできない派があるみたいですが私は短冊切りにして冷凍していました。大丈夫でした。

 こんな風にしていました

会社が休みの土日に野菜買ってきてまとめて切ってジップロックに詰めて冷凍!

ちなみにこのまとめ作業をした日は頑張った日、ということで自炊はせずちょっといい定食屋さんとかにご飯食べに行っていました。

女性が一人でお酒を飲まず夜入れるお店ってチェーン店除くと少ないですが…

 

実際の料理は袋からだして放り込むだけです。本にレシピも載っています。料理しよう!と思い立ったときそこから先に進むハードルが下がりました。

 

片づけも気持ちの上で負担がぐっと減りました。

結果

ストレス少なく料理ができるので料理の頻度が上がりました。たまに会社にお弁当持っていけるくらい料理しました。

まとめて冷凍するのであるものないものの把握が楽。無駄な買い物も減りました。

必要な量だけ料理に使えるので作りすぎ、ということが減りました。

 

とにかくちょっと料理しようかな、のハードルが下がったんです。

 

効果

うつ状態に気分が振れた場合、今までは料理なんてやりたくないことだったのに少しでもいいものを食べようとちょっとだけ自分で作ろうかな、と思えたんです。

洗い物はできませんけどw

作るのはもっぱらお味噌汁。

  1. 鍋に水、顆粒出汁入れて火にかける。冷凍庫からジャガイモやキノコなど野菜たくさん取り出して鍋に投入。
  2. 沸いたら火を止めてお味噌、乾燥わかめいれて終わり!
  3. その間に冷凍ごはんチンしていれば十分なご飯です。
  4. おかずほしかったらサバ缶開けたり。

 

うつ状態になったら着替えも歯磨きも入浴も面倒でできなくなるので料理ももちろん無理ですが「料理できる精神状態」の幅が広がったように思えます。

自分で作った料理はおいしくて不思議と食べていると次は何作ろうかな?と思えます。

コンビニ食より体にいいと思いますしいいことづくめです。

 

というわけで食材の冷凍、おすすめです。

 

ちなみに実家に帰ってきた今は一切料理していません…。

身につけたいという気持ちはあるけど誰かのために料理するという気持ちになれない…

広告を非表示にする